→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


100%完全母乳育児を目指したけど挫折 母乳が出ないで完全ミルク育児になりました

第一子を出産した時には100%母乳で育てたいと思っていました。

初めは母乳を飲むと直ぐに寝てしまうので足りているのかと思っていましたが、直ぐに目が覚め泣き出すのでまた母乳をあげていました。しかしあまりに回数が多いので気付きました。実は母乳の出が悪くお腹が一杯になっていなかったのだと。子供は吸っている安心感と、吸っていて疲れてしまい寝てしまうのでした。

それからは母乳をあげた後にミルクを足す様にしました。するとミルクも少し飲みお腹も満足してから眠る様になりました。その為授乳の度にミルクを足す様にしました。しかし初めての子供という事もあり、出来れば母乳だけで育てたいとの気持ちが大きくどうしようかと、悩んでいました。また周りの同じ時期に出産された人達は授乳のみで育てている方も多く、少し焦りと言いますか不安な気持ちも出てきてしまい余計にそう思っていました。(その時は周りと比較して一喜一憂していました。)

健診の時に看護婦さんより母乳が良く出る様にというのと、乳腺が詰まらない様に母乳マッサージの指導もあり、教えて頂いた通りに自宅でも行っていました。

お餅を食べても母乳が出ない

また義母や母がよくお餅を食べると母乳が出る様になると言っていましたので、試しに食べ続けたりもしました。しかし思う様に母乳が良く出ている感じはしませんでした。

しかし時間が経つと胸が張ってくる様になりました。その時に子供が寝ていると飲ませる事が出来ませんので、搾乳機を使用してみようと思いました。これも周りの友達の助言で、搾乳するとマッサージ効果もあり良く出る様になってくるのと、どちらにしても胸が張ったままですと痛いのと乳腺の詰まりも心配でしたので、いざ搾乳機を試してみました。

聞いていた話とは違い、搾乳してもあまり母乳は出ませんでした。少しでもせめての思いで搾乳した母乳を容器に入れ冷蔵庫で保管して後で飲ませたりもしていましたが、そうしますと今度は、搾乳→母乳→ミルクと、一回の授乳で三つの工程を頑張らなくてはいけなくなり、ほとほと疲れてしまっていました。体力的にも精神的にも良くないと思いました。

他にした工夫

他にも胸を蒸しタオルで温めたり、温かい飲み物を飲んだり、それこそ牛乳も沢山飲んだりしていました。やはり結果的には疲れるだけで私には効果のある物、事はありませんでした。

その内に子供もどんどんと成長してミルクを飲む量も増えて行きました。私も家事育児で体力も消耗し頑張る事に疲れてしまい、人は人、母乳が出る人は幾らでも出る、逆の人もいる、出ない人は出ないままで終わる。そう思える様になってきました。

そらからは気持ちも軽くなり、ミルクを中心にして、母乳は泣き止まない時の速攻薬の様に補助的に飲ませる感じにしました。子供にしたら飲むと言うよりもおしゃぶりだったのかなと思います。出ていなくても何時までも離れないものでした。離すのに苦労したものです。

色々悩みましたがミルクも栄養があり色々種類も多くこれに頼っていれば安心、と思って飲ませていました。
二人目の時も母乳の出は良くありませんでしたので、迷わずミルク中心で育ててきました。負い目もありませんでした。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ