→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


出産退院後すぐに哺乳瓶ミルクになれ、おっぱいを吸わない子で困りました

現在3歳の男の子のママです。

私は高齢出産だったのと私が一人っ子だったのでママ情報にとにかく疎く何も知らないまま出産した状態でした。

以前テレビでみていた時にある有名な方が無痛分娩で産んだら楽でした。といっているのをみて絶対に産む時は無痛分娩。と決めていました。

その時は全然詳しくなったのですが無痛分娩ってできる病院がとても少ないんです。実家で帰って親に手伝ってもらおうと思っていたので実家の近くで無痛分娩が出来るところを調べたら1件しかありませんでした。

とにかく無痛分娩ならいい。と思っていたので無事産休に入っていて病院に初めて行ってみたら割と新しくは無い病院でした。

ちょっと心配だなぁとも思いましたが先生と話してみたら、うちは出産する人の8割は無痛分娩だから安心していいよ。
どのことだったので安心して任せることにしました。

大変でしたが無事出産することが出来ました。

そしてその日からホントは病院の看護師さんとかが教えたくれるものだと思っていましたが、ミルクのあげ方は教えてくれるのですが母乳は何も教えてれません。

というのも、実は実家に帰ってから初めて習ってない。ってことに気づきました。
その日からあげる練習をしないと赤ちゃんは突然の母乳のほうが受け入れないというのを全然知らなかったので大変でした。

病院で哺乳瓶を頂いたのですがとても緩い飲み口でちょっと吸うとすぐ出てくる哺乳瓶でした。
後々その哺乳瓶に苦しめられることなど知らないのでごくごく飲むわが子にどんどんあげてました。

その時は全て順調なつもりでした。実家に帰ってから母に「母乳はあげないの?母乳のほうが免疫力がつくし普通は母乳あげるでしょ」と言われハッとしました。

ホントに何も知らなかった私は母乳っていつからあげるんだろうと思った時にはもう遅く、その日から母乳をあげようと泣いたらおっぱいを加えさせるというのをやりました。

ただ、病院で貰ったやわやわな哺乳瓶に慣れてしまったわが子は吸っても全く出ない母乳は全く飲んでくれず、吸うのを嫌がり加えさせると泣きわめく。というのがとにかく続きました。

ネットなどでとにかく調べましたがまずおっぱいをあげる練習をしてから哺乳瓶でミルクをあげる。
しかも哺乳瓶も飲みにくいかたいものにかえると書いてあったので哺乳瓶も全て買い直しました。

それでも哺乳瓶が大好きなわが子は夜中泣きわめいてもおっぱいは吸ってもくれず、ホントにこっちが泣きそうでした。

おっぱいを嫌がったあと、哺乳瓶を嬉しそうに飲む顔を今でも忘れません。そして母が母乳外来の先生を見つけて来てくれました。

先生にマッサージをしたいただきピューピュー出してもらいました。

あんなにじわっーとしか出なかった母乳でしたがこんなにも専門の方がやって下さると出るの!たまホントに嬉しく感動して泣きました。

そして上手く行かなかった母乳をあげる角度などいろいろ教えていただいて夜中は無理にチャレンジしないことなど無理しないと教わりました。

そのマッサージを受けてからたまに子供が母乳を飲んでくれるようになりました。
そしてちょうど1ヶ月が経ち実家から自分の自宅に帰ってきました。

ホントに全てをひとりでやる事の不安と母乳飲んでくれなかったらという心配でいっぱいでしたが、自宅に帰ってきてから突然すごくおっぱいを飲んでくれるようになりました。

嬉しくて涙が出ました。そして調子に乗っておっぱいばかりあげていたので今度は哺乳瓶を飲まなくなりそれはそれで誰にも預けれないというとんでもない状況になってしまいました。

その後腱鞘炎、乳腺炎などいろいろ経験しましたが初めて一緒に乗り切った試練だったなぁと今でも思います。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ