→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


高齢出産で胸が張らず母乳もでない。授乳ケープは不要でした

高齢出産だった事もあってか、妊娠中に胸が張る事もなく出産後も大きくなることもありませんでした。

また、出産した病院が入院中は基本混合で育てるのと帝王切開で出産したので授乳したのは生後2日目でしたので、傷口の痛みやら疲れやらでベッドから動けず、赤ちゃんがどれほど母乳を飲んだのか?量が足りていたのかを知ったのは自力で歩けるようになった生後4日辺りでした。

授乳室に行っても、他のママのようにおっぱいが凝り固まってイタい!!という事もなく、作られる母乳が少なかったので授乳しても数分で母乳を完食!
吸っても母乳で出ないので乳首をくわえようとしないので、すぐに助産師さんが粉ミルクを作ってくれました。

産婦人科医や助産師さんに母乳の量が少ないのでは?と相談をして、母乳を触診してもらいましたが乳腺が詰まっているなどの問題はなく「高齢だから」がすべての原因でした。

母乳外来の痛いぐらいのマッサージを覚悟していたんですが、外来を受診する事すら叶わず我が子は母乳を前菜ぐらいの量しか飲めないままでした。
やはり出産前からの食生活や運動に気を付けないといけなかったのかと悔やみました。

ただ、晩婚だった事と不妊治療で授かった事も原因で女性ホルモンがうまく作用しなかったのが根底にあったので、仕方がないと言えば仕方がなかったのかもしれません。

出産準備で授乳ケープを購入したものの、使ったのはたった2回程。

母乳が割と多めに出るのが深夜だったので、外で授乳ケープを使う事はほとんどありませんでした。
このことが気になり始めたのは、ママ友とお互い赤ちゃんを連れて会うようになった頃でした。

それまでは家から出ることはほとんどなかったので、人と比べようがなく気にならなかったんですよね。
入院中もほとんどの赤ちゃんが粉ミルクとの混合だったのと、母乳は出るけれど乳首の形に問題があり授乳しにくいママなど色んな悩みを持った人が多かったので自分の悩みを真剣に考えなくても良かったんでしょう。

退院すると比べる相手は自分だけなので、このままで良いの?赤ちゃんの体重はもっと増えた方が良いの?と毎日不安でした。

入院時と比べられないぐらい毎日が不安でした。

市役所の保健師さんが生後1か月辺りで「赤ちゃん訪問」をしてくれて、その時に悩みを伝える事が出来ました。

生後一か月検診でも母乳の量を相談しましたが、おっぱいが張っていない事などから母乳外来は必要ないと言われました。

年齢が原因だとしても出来ることはやりたいと伝えると、食生活は和食で薄味(塩分控えめ)を基本にするよう指導され、胸筋を鍛えるストレッチを教えてもらいました。
ですが、授乳前後の体重を量り母乳の量が増えたか日々確認していましたが母乳の量は増えることなく月日が流れ生後6か月で卒乳を迎えました。

子供を生んだら母乳が噴水のように出ると聞いていたんですが、母乳も個人差があるんですね。
助産師さんが言ってくれた「悪阻も陣痛も母乳の量も絶対にこれ!という物差しはないんですよ」の言葉に私の心は救われました。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ