→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


マッサージを続けて乳首の根元が切れ母乳育児を断念

子どもがほしかったのですが、仕事も続けたかったので(育児休暇を取ったら部署を変えると言われていたため)妊娠したと分かった時点では
育児休暇は取らずに、産前産後休暇のみで働く予定でした。

そのため、産前産後休暇中は完全母乳で育てたいと強く思っていました。
母乳というものは産むと出るものだと勝手に思い込んでいたので、母乳外来に行くことも一切考えておりませんでした。

しかしそんな簡単に母乳は出るものじゃないと分かったのは出産直後です。
助産師さんが産まれたての我が子を抱っこしてきてくれて、ベットで母乳をあげようと言ってくれたのですが、母乳が出ないのです。

マッサージをちゃんとしてなかったね、と言われて驚きました。

すぐに助産師さんにマッサージしてもらったのですが、痛くて痛くて泣きそうでした。
出産して痛くて大変だったのに、またこんな痛い思いをするなんて、ととても辛く感じました。
人によって痛さは違うそうですが、私にとっては泣きたいくらいの激痛でした。

毎日ちゃんとマッサージしてね、と助産師さんに言われてマッサージを早速しましたが、今までやってなかったからか、全然母乳が出る気配が
ありません。

次の日、また助産師さんにマッサージしてもらい、やっと初乳を飲ませることができました。
助産師さんに言わせると、私の乳首は浅くて赤ちゃんが咥えずらいそうです。
そのため、ちゃんとマッサージして柔らかくしておかないと、産まれたので初心者の赤ちゃんではうまく咥えられないと言われました。

この子のためだと、泣きそうな痛さをこらえてマッサージを続けました。

すると少しずつ母乳が出るようになり、我が子も少しは飲めるようになりました。

しかし、次の試練が待っていました。

今度は乳首の根元が切れてしまったのです。

助産師さんに、乳首が浅くて皮膚が伸びないため切れやすいのだと言われました。
赤ちゃんが舐めても大丈夫だというオイルを処方してもらい、母乳をあげたら塗るという作業を繰り返しました。

乳首の根元が切れてしまうとかなり痛いです。
出産して4日ほどなのですが、完全ミルクにしようかという思いもよぎりました。
しかし小さい我が子も一生懸命生きていると思うと、私も頑張らなければと思い必死でマッサージをしたりオイルを塗っていました。
それでも、なかなか沢山出るようにならず、病院では母乳とミルクの混合にしていました。

退院の日にはさらに切れ口が広がってしまい、助産師さんから、「こんなに切れて痛いでしょう?少し母乳をお休みしましょう。
無理しなくても大丈夫よ。」と言われたのですが、仕事に復帰するまで母乳をあげなければいけないような思いにかられ必死にあげていました。

そして、産後休暇がそろそろ終わるころ、仕事に復帰をすることを考えて搾乳機を使いましたが、これはさらに痛くて耐えれませんでした。
そのため仕事に出るまでは母乳とミルクの混合で、仕事に出たら完全ミルクで育てました。

これが1人目の母乳育児です。

その後に2人産み、2人ともほぼ完全母乳で育てました。(どちらも0ヶ月の時に数回ミルクを飲んでいます)

当時を振り返ると、母乳が出にくかった理由は2つありました。

1つは、乳首の根元が切れた時に、すぐに母乳を休憩して傷を治すことを優先しなかったことです。
その後の2人の母乳育児でも乳首は切れましたが、すぐにオイルを塗って半日はミルクにするなど傷の手当てを優先しました。
0ヶ月の時は深く乳首を咥えられないのでよく切れてましたが、数か月にもなると上手に深く咥えて飲んでくれるようなり、切れなくなりました。

もう1つは「育児休暇を取らずに仕事をするから、せめて母乳をあげないといけない」と勝手に思い込んでいたことだと思います。
母乳をあげないといけないと精神的に自分を追い込んだせいで出なかったのではないかなと思います。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ