→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


産後1ヶ月は混合。徐々に母乳量を増やして完全母乳に近づけたい

始めは母乳が全く出ず、周りの人はでていてとても焦りました。

時間ごとに集まり母乳をあげる産婦人科だった為、他の人はどれくらいでているのかも明確に知ることが出来るので、余計に焦りマッサージをして頑張りました。

また、私自身切迫早産で入院中だった為、マッサージを事前にできなかったことも、出産後なかなか母乳がでなかった原因があったのかな、と思います。
もともと、小さめの体重での出産だったので、飲むのに疲れてしまい、母乳をあげる時間の時は、片方飲んだら寝てしまう子でした。
ほ乳瓶だと力を使わなくても飲めるので、赤ちゃん自身もほ乳瓶の方が飲みやすそうで、吸う時間が短かったのも、母乳量が増えない原因だったのかもしれません。

なかなか母乳が出なかったので、おもちを食べたり、母乳にいいと、いわれる食事を食べたところ、出産後4日目でようやく出るようになりました。
退院するまでの一週間では、やはり飲む力が弱いことと、吸う時間が短い為、母乳が出始めても吸ってもらえる時間が少なかったこともあり、母乳量はあまり増えず、混合のまま退院しました。

自宅に帰ると、病院の時のように3時間ごとに授乳とは決まっていなかったかったので、吸ってもらえる時間が増えたことにより、少し母乳量は増えましたが1ヶ月は混合で行い、吸う時間を増やすことに専念しました。

母乳量を増やして完全母乳に近づけたい

その後は母乳量を増やして完全母乳に近づけたいという思いから、母乳外来に行きマッサージをしてもらったり、飲ませるときの姿勢や飲ませ方の指導をしていただき、母乳の量は増えていきました。

母乳の量が増えても飲む量が少なかった

しかし、赤ちゃんが吸うのに疲れてしまい、母乳の量が増えても飲む量が少なかったようで、体重がなかなか増えなかったので、結果的には保健師さんや助産師さんの指導で最後まで混合で育てることになりました。

離乳食が始まってからは体重が増え始めたので、6ヶ月後からは完全母乳と離乳食で育てることができましたが、やはり、子どもの体力面だったり、飲み方か浅く飲む量が少なかったりしていたので、母乳の量も減り始めてしまったのが残念でしたが、卒乳までの間飲ませることができたので良かったです。

私か母乳を増やすためにしたことは、体を温めること、根菜類を多くとること、油ものはとりすぎず、ご飯、お味噌汁、和食を心がけることで、母乳の質もあがりよく飲むようになったかな、と思っています。

また、私自身血管が細いので乳腺炎にもなりやすく、母乳がでなくなる原因になっていたので、食事の面では凄く気を使いました。特に詰まりやすかったのは、チョコレートや油ものだったので、詰まってしまうと、せっかく母乳量が増えていたのに、母乳がでずらくなり、母乳量が減ってしまうので、定期的に母乳外来に行きマッサージをしていただいて、卒乳まで維持しました。

苦労したことは沢山ありますが、自分の中では最後まであげることができたので良かったと思っています。
二人目が出来たときも食事に気をつけ、マッサージをしっかり行い完全母乳で育てられたらいいなと思っています。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ