→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


玄米菜食と味噌汁で母乳が増えるって本当?

玄米菜食とは何でしょうか?

主食のお米は白米ではなく玄米。
肉を食べず、野菜中心の食事。
体にやさしい、大変健康的な食事方法、というイメージがあるかと思います。

玄米菜食と味噌汁、という組み合わせ。
母乳が増えるって本当でしょうか?
母乳の量や質は、お母さんが取り入れる食べ物の影響を受けますので、ぜひ調べてみたいテーマですね

では早速、玄米菜食と味噌汁で、母乳が本当に増えるのかどうか、探っていきましょう。

玄米菜食のメリット

玄米は、食物繊維やミネラルを豊富に含むので、ぜひ毎日食べたい主食だと言われています。
体内の老廃物や毒素を排泄するデトックス効果も高いので、体のリズムが安定するそうです。

玄米は質の良い血液を作るとも言われています。
野菜や具だくさんの味噌汁などと併せてバランスよく食べること(玄米菜食)により、さらに体調が良くなります。

では、赤ちゃんに母乳をあげているお母さんにとって、玄米菜食はおすすめの食事法なのでしょうか?
気をつけたい点はあるでしょうか?

知っておきたい、玄米菜食のデメリット

玄米は、白米に比べて消化吸収率が悪い食べ物です。
よく咀嚼しないなら、栄養がお母さんの体でしっかり吸収されないまま、それが母乳に出てしまい、赤ちゃんの未発達な消化器官に負担をかけてしまうようです。

また、母乳を介して、赤ちゃんがアレルギー体質になったり、乳児湿疹が出たり・・・ということもあるようなので、注意が必要です。

まとめ

玄米菜食と味噌汁で、母乳が増えるのか?
それは、やはり人それぞれだと思います。

結局のところ、様々な食品からバランスよく栄養を摂取していくことが、体のためにも、母乳のためにも、一番良いのではないでしょうか?

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ